FC2ブログ
 
■これまでの訪問者数

■プロフィール

やさぴよ

Author:やさぴよ
 無農薬・減農薬の野菜作りに相方(旦那さん)と挑戦中です。失敗は人を賢くするもんだと、自身をなぐさめながら日々進化中!?なB型主婦です^^。
 ただいま、中山間地にて農業をはじめました。山の暮らしにどっぷりな毎日を送っています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■お役立ちグッズ2

赤とんぼ
赤とんぼをとばそう!
と地域で取り組みがはじまりました。

どうも、最近赤とんぼが減少しているらしいが・・・・。


作物にとっての害虫は、
めのかたきにしているせいか、よく目に付くようになったけど

そういえば、赤とんぼって、あんまり意識していなかったな。。


そこで、虫に詳しい先生に、いろいろ教えていただきました。

一般的に赤とんぼと呼んでいるのは、
秋にみられる真っ赤なとんぼ アキアカネの事。


日本では最もポピュラーな種類の一つなのだとか。

その生活環は、
秋にイネが刈り取られた後の、田んぼの水たまりに産卵。

冬越しして、
田んぼに水が入る頃、孵化の時期をむかえます。

1か月半ほど 幼虫(やご)として水田ですごし
6月中下旬ころから羽化がはじまります。

成虫は、夏の間、高原に避暑にいっちゃうらしい。

秋に戻ってきて、また産卵、というサイクル。


この生活環と田んぼの耕作スタイルがマッチし、
とっても身近な存在となったようです。


さっそく、6月中旬から下旬にかけて
田んぼのあぜからながめてみました。

やご おったー!
IMG_20180627_175213_convert_20180629233104.jpg

ぬけがら発見!
IMG_20180627_184338_convert_20180629233134.jpg

夜中に羽化がはじまり、明け方羽化したてが
みられるというので
朝の5時にいってみると、
IMG_20180628_051806_convert_20180629233155.jpg

IMG_20180628_051709_convert_20180629233214.jpg



なんか、黄色い・・・・

羽化したては、黄色いらしいが
はたして、アキアカネかどうか。


こんな感じで、田んぼのあぜにしゃがみこむことが増えたけど

最近、田んぼのあぜで物思いにふけってるけど、大丈夫?
なんて、ご近所さんに思われとりゃせんだろうか(^^;



☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!


























昆虫たち | 23:34:55 | トラックバック(0) | コメント(1)
へぼ
そういえば先週、へぼを巣から抜き取りました!


夏、土手でみつけたへぼの巣を女王蜂ごと巣箱に移し、
家のうらで飼育していましたが
(というか、働きバチがせっせと巣を作ってくれていたのですが^_^;)
IMG_20170815_110110_convert_20170815161705.jpg

いよいよ10月も末になり
巣からへぼの幼虫・さなぎをぬきとることに!


なにぶん素人の私たち、
巣箱から蜂の巣をとりだすのは
地元の先輩にやってもらいました。

煙幕で蜂を弱らせ、箱から取り出します
外側をかまではいだら、
中から5層の巣が(^^)/
IMG_20171023_170703_convert_20171031202320.jpg

5層では、へぼいようですが・・・・(^_^;)
初心者にはまずまずのできではないでしょうか(^^)


ピンセットで、幼虫・さなぎ・成虫なりかけをとりだして
甘辛く甘露煮にしてみましたよ!!
IMG_20171023_171618_convert_20171031202256.jpg


案外、くせになるおいしさなんです( ^)o(^ )



☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!

昆虫たち | 20:26:19 | トラックバック(0) | コメント(1)
へぼ 
水路掃除の共同作業中
へぼ(クロスズメバチ)の巣を発見!!したそうで、
巣を巣箱に移しかえる作業に同行してきましたよ(^^)/


クロスズメバチとは、小型の黒いスズメバチで
ここ愛知県の奥三河地方では
このへぼ(クロスズメバチの幼虫・さなぎ・成虫)を
食べる文化があります。


この時期、巣を見つけ出して
女王蜂ごと巣箱に移しかえます。

秋まで巣箱で巣を大きくしたら、取り出して
幼虫から成虫まで、甘露煮などにして食べるのですが
昨年 はじめて食べて
すっかりやみつきになってしまいました!!


へぼを見つけてテンションがあがる気持ちがわかる
気がします。

そして、地元の方たちのへぼを見つける目はするどい。
私にはただの虫にしか見えんのですが・・・^_^;


へぼは、地中に巣を作るのですが
今回は、川沿いの土手で、巣に通う蜂を
発見しました。


まずは煙でいぶして
蜂の動きを弱らせます。
IMG_20170813_181151_convert_20170815161357.jpg

IMG_20170813_181421_convert_20170815161420.jpg

手で丁寧に土をかいて
巣を取り出します。
IMG_20170813_181520_convert_20170815161517.jpg

IMG_20170813_181605_convert_20170815161538.jpg


大きな巣がでてきました(*゚Q゚*)
IMG_20170813_181729_convert_20170815161603.jpg

IMG_20170813_181740_convert_20170815161620.jpg

IMG_20170813_181813_convert_20170815161641.jpg

巣が大きいので
直接、巣箱を持ってきて移しかえ
我が家の裏に移動。

とここまで、地元の方にやってもらいました^_^;
IMG_20170815_110110_convert_20170815161705.jpg

さっそく、えさとなるささみを買ってきて
巣箱の前にぶらさげてやります(^^)

昨年、初チャレンジして失敗したので
今年こそは!!

がんばれ、相方!!!



☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!







昆虫たち | 21:06:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
マダニにくわれる(+_+)
昨日、おとといくらいから、耳たぶの裏側がふれると痛い。

指でさわると、かさぶたのような、おできなような・・・・

相方にみてもらうと

「マダニがくっついてる!」と言う。

「またまた、おじょうだんを」
と思っていたが、

手で引っこ抜いてもらって、
ルーペでみたら、

マダニでした(*_*;


飼い犬に何度かマダニがくっついているのを
とった覚えがありますが

まさか、自分がマダニにくわれるとは・・・


ネットで調べると、
案外、都市近郊でもさされた人がいるようで
ましてや山がすぐそこにあるここいらでは、
あってもおかしくない話ですね。
IMG_20161112_154837_convert_20161113212310.jpg


マダニは、皮膚にしっかりくいこんでいるため
無理やりひっこぬくと
口の部分が皮膚に残ることがあるそうです。
皮膚科を受診しましょう、とネットが教えてくれましたが

もう遅い・・・・。


キンチョールを綿棒にしみこませ、
マダニの背中にちょんちょんして
殺してから、ひっこぬく方法もあるようですが、
やはり、口部分が皮膚に残る可能性もあるから

皮膚科で切開してもらうのが一番いいようですね。

勉強になりました。


☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!



昆虫たち | 22:06:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
へぼ
この地域(愛知県東三河地方の北部)の伝統食に“へぼ”があります。

へぼは、黒スズメバチという小型のスズメバチの
幼虫(成虫も入るかな)のことで、
このあたりでは、混ぜご飯にしたり、五平餅のみそにまぜたりして
食べるようです。
(他にも食べ方あるかも。今後調べるとして)


長野県で“蜂の子(幼虫)”を食べるのは知っていたけど、
県境に近いこの地域も同じような文化があるんですね。


地域では、保存会のようなものがあって、
「こんなことやってんだけど」と説明をうけ
「おもしろそうですね~」で、相方、入会。

ある日、家の裏に巣箱がやってきて、
中に巣を入れてもらいました。
何がなんだかわからぬまま、
新築の我が家の隣に早速、お隣さんができました(^^)
IMG_20160904_061059_convert_20160905212056.jpg

忙しいのもあって、しばらくほっておいたけど、
砂糖水やささみを近くにおくと
エサにすると教えてもらって、さっそく実践!!
ささみにたかる働き蜂↓
IMG_20160904_061228_convert_20160905212116.jpg

相方、な~んか女王蜂のために
せっせとエサを巣に持ち帰る働き蜂の姿見て
愛着がわいてきたようです(^^)
IMG_20160904_063243_convert_20160905212133.jpg


昨日は実際に巣を見つける作業に同行。
ざっとこんな感じ。

ささみを前日の夜からポイントにぶら下げておく。
翌朝、ささみにたかる働き蜂を見つけ、
何回か巣と往復するのを確認したら
マーカーでしるしをつけて、
所要時間を測ってだいたいの距離を推測。

ささみの一部を小さな肉団子にして
こよりをくっつけておき、
その肉団子を蜂にかかえさせて
巣に持ち帰るのをこよりを目印にして追跡。

その日は、川の対岸に巣があったようで、
川をわたり、対岸のやぶをかきわけ
木の根元にある巣を見つけたとのこと

結構、命がけ!?・・・

その日は巣を見つけて終わったそうですが、
そのあとは、(ネット検索によるとですが)
巣を煙のようなものでいぶして、
仮死状態にさせておいて、取り出すんだそうです。

取り出した巣は、写真のような巣箱にうつし
あとは巣箱の中でどんどん巣が大きくなっていくという算段。

蜂のマンションってとこかな~

楽しみです!!


☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!







昆虫たち | 21:30:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ