FC2ブログ
 
■これまでの訪問者数

■プロフィール

やさぴよ

Author:やさぴよ
 無農薬・減農薬の野菜作りに相方(旦那さん)と挑戦中です。失敗は人を賢くするもんだと、自身をなぐさめながら日々進化中!?なB型主婦です^^。
 ただいま、中山間地にて農業をはじめました。山の暮らしにどっぷりな毎日を送っています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■お役立ちグッズ2

門松 
今年も門松を作りましたよ!


昨年は、手取り足取り教えてもらいながらでしたが、
今年は自力でがんばりました(^^)/

1日目 雪の降る中、竹をカット
IMG_20171227_081552_convert_20171229195533.jpg


あ~、何でもっと暖かい日にやらなかったんだろ・・・と
鼻水まじりで竹を切って、汚れを洗いながら
竹の笑い顔にいやされて(^^;

洗っても、乾くと白いまだらが出てくるので
オリーブオイルを薄くぬってみました。
きれいな緑の竹になりました。
左 ビフォー 右 アフター
IMG_20171227_154834_convert_20171229195318.jpg



2日目
竹を3本しゅろ縄で束ねます。
上から7重・5重・3重にして、男結びで結びます。
IMG_20171228_102959_convert_20171229195339.jpg

玄関先におくので
鉢にこもをまいて、中に竹を設置。
砂をいれたら、飾りつけです。


松・ナンテン・葉ボタンなどをあつらえます。
IMG_20171228_141400_convert_20171229195358.jpg

最後に、しめ縄をわらで編んで、紙垂(しで)をつけたら
IMG_20171228_150614_convert_20171229195439.jpg

門松につけて完成です!!
IMG_20171228_150534_convert_20171229195422.jpg

これで、歳神さまをお迎えできそうです(^^♪



この地域には、節目ごとに神事を大切にする風習が残っています。
水の神様、山の神様、火の神様、収穫祭などなど
年の最後は、門松をたてて、歳神さまをお迎えする。

自然と密着した生活は、人も自然の一部で
感謝を忘れない精神が、当たり前ようにあり、

私たちも無事、1年過ごせたことに感謝して
1杯やりながら、年の瀬にしみじみ
こういう時は、日本酒ですね~(´∀`*)



☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!






| 20:02:15 | トラックバック(0) | コメント(1)
まきわり
山の冬は寒い~~~

12月に入って、最低気温は氷点下に突入です!


我が家はまきストーブのおかげで
体も心もほっかほかですが
来年、再来年用にまきを調達しなくてはなりません。

まきになる木を調達するには、
木が水分をすわなくなる
この冬の時期が最適なのだとか。。。


今年も、お世話になってる先輩の山で
木をわけていただきました。
本当にありがたい(^人^)

凸凹の林道を入っていって
上下左右にゆられながら現場に到着。
すでに倒されてる木をチェーンソーで玉切りします。

IMG_20171207_140007_convert_20171208213756.jpg


IMG_20171207_133733_convert_20171208213714.jpg


今年は新人チェーンソー君も加わって
パワーアップ(^^)/
IMG_20171207_143209_convert_20171208213816.jpg

中山間地にIターンして1年と9か月。
どんどんこっちの人になってます(^^)


☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!



| 21:41:12 | トラックバック(0) | コメント(2)
まき棚作り partⅡ  ~完成編~
先回、骨組みを作ったまき棚
IMG_20170214_151243_convert_20170214205910.jpg


今日も達人の手をかりて
屋根つけ作業を行いましたよ!


朝から小雪が舞い、風も強くて寒~い1日。


まずは、火をたくところから!
IMG_20170221_092048_convert_20170221194457.jpg


お湯をわかして、
土手に生えてるお茶を枝ごとをきって
葉っぱを火で軽くあぶります。
IMG_20170221_094919_convert_20170221194609.jpg

葉っぱをちぎって、やかんで煮出します。
簡単お茶の完成です!
IMG_20170221_101041_convert_20170221194632.jpg

番茶っぽくて、素朴なあじわい!!
あったまります(^^)
IMG_20170221_103404_convert_20170221194654.jpg

寒さをしのぐ技、段取りがさすがです(^^)


さて、まき棚は
まきを積んでいくと、外側に圧力がかかるため
補強の木をいれます。
IMG_20170221_105140_convert_20170221194724.jpg

お昼休憩も、火があると寒くありません
IMG_20170221_114012_convert_20170221194756.jpg

波板トタンをのせて
うちつけて完成!!
IMG_20170221_143948_convert_20170221194826.jpg

IMG_20170221_155324_convert_20170221194850.jpg

木の皮がついてると、中側に虫がわくことがあるとのことで、
はがしていきます。

それにしても、材料は買わずに
あるものを使って完成してしまいました。
今日も感動です!


☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!





| 20:05:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
まき棚作り partⅡ  ~骨組み編~
以前、単管パイプで作ったまき棚に
まきを積んだら、お隣の家側に傾いたので
全部出して、積みかえたら
今度は、我が家側に傾いて・・・(´;ω;`)ウッ…
IMG_20170214_152305_convert_20170214205418.jpg

やっぱり基礎をきっちりすることが大事なんだと思い知る・・・

いよいよまきが、まき棚に入りきらなくなってきたので
新たに作ることになりました。
IMG_20170214_152322_convert_20170214205442.jpg

今回は、
いつもお世話になっている山仕事の達人に
教えてもらいながら、
まき棚作りに挑戦しましたよ!!

まずは、山の木をきるところから始まります!

スギ・ヒノキの植林された山を登っていくのですが、
まだ雪が残っていて足元もおぼつかないのに
達人は、フツーのゴム長靴で、片手にチェーンソー持って
ひょいひょいと登られる(;^_^ さすがです。

次に木の選別。
棚用なので細い木を探して切ります。
近頃は、間伐が行き届かないために
細い木が多いようです。
IMG_20170214_110048_convert_20170214205513.jpg

IMG_20170214_113018_convert_20170214210517.jpg

鹿が皮を食べた後
IMG_20170214_110125_convert_20170214205535.jpg

IMG_20170214_111426_convert_20170214205609.jpg

下の道に滑り落としてカット。
IMG_20170214_121400_convert_20170214205629.jpg

まき棚設置場所に運んで
組んでいきます。

柱をたてたら
屋根部分を作っていきます。

丸い木なので接合部は、なたで削って
釘をうちつけます。

すじかいをいれれば、がっちりしていきますね。
IMG_20170214_140830_convert_20170214205819.jpg
IMG_20170214_145644_convert_20170214205844.jpg

屋根にする波トタンをうちつけるための
木をとりつけて
骨組みが完成しました!!
IMG_20170214_151243_convert_20170214205910.jpg

総ヒノキのまき棚です(^^)/


木の調達から、なにからなにまで
教えていただき、
なにからなにまで感動でした(^^) 
すごいな~




ところで気をぬいていたら
いつの間にか訪問者5000人達成
これからも、気負いなく
山の暮らし、農の暮らしをつづっていけたらと
思います(^^)/

☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!












| 21:31:25 | トラックバック(0) | コメント(2)
門松づくり
門松作りに挑戦しましたよ!!
このあたりは、門松をたてる家が多いようです。


さっそく竹をわけていただき
教えてもらいながらの制作です!

まずは電動ノコギリで斜めにカット。
この時、中のふしの部分が
笑った口になるようにカットします。
IMG_20161221_140928_convert_20161228093651.jpg

切り口をかんながけして、
IMG_20161221_144500_convert_20161228093731.jpg

3本ずつ針金で固定、
これを2組作ります。
(というか、ほとんどやっていただいた(^^;)
IMG_20161221_155205_convert_20161228093840.jpg

おっ、なんとなく笑ってるように見えますね!

家に持ち帰り、玄関先で飾りつけしました。


砂をもって立てるやりかたもあるようですが、
我が家の玄関先はせまいので
鉢を利用します。

鉢にこもをまきつけて、
中に竹や松をいれます。
IMG_20161227_142334_convert_20161228093913.jpg

IMG_20161227_142537_convert_20161228093940.jpg

IMG_20161227_152213_convert_20161228094004.jpg


動かないように鉢の中に砂で固定して。

後は、葉ボタンやナンテン、笹の葉などあしらって
完成!!
IMG_20161228_095124_convert_20161228101810.jpg
IMG_20161228_095133_convert_20161228101832.jpg
IMG_20161228_095144_convert_20161228101853.jpg

なんか、ゲラゲラ笑っているような・・・
みてると楽しくなりますね。


それにしても、門松でかずぎたかな~
松葉が郵便ポストを邪魔してる・・・
郵便屋さん、年末年始ご迷惑おかけします(^^;

来年もまた笑いのたえない年にしたいです。
それでは、みなさま、よいお年をお迎えください!!



☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!

| 09:44:02 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ