FC2ブログ
 
■これまでの訪問者数

■プロフィール

やさぴよ

Author:やさぴよ
 無農薬・減農薬の野菜作りに相方(旦那さん)と挑戦中です。失敗は人を賢くするもんだと、自身をなぐさめながら日々進化中!?なB型主婦です^^。
 ただいま、中山間地にて農業をはじめました。山の暮らしにどっぷりな毎日を送っています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■お役立ちグッズ2

小玉メロン
小玉メロンに初チャレンジ中!!

地元の道の駅の出荷組合で、
何か特産品を売り出そう~、という話があって
みんなで、小玉メロンを作ることになりました。
それぞれ5月中旬に苗をもって帰って、定植中。
IMG_20190618_061522_convert_20190618072536.jpg

今回は、栽培中の畑で
JAの指導員から、いろいろ教えてもらいましたよ~(^^)/
IMG_20190617_100016_convert_20190618072859.jpg

☆まずは整枝の仕方
親づるは5~6節で摘心。
子づるを3本残して、あとはかく。
わき芽は、14節~15節までかく。

それ以降に実をつけて、後は放任!


☆雨よけ
株の上に、雨除けのビニールかけておく。
メロンの病気のつる枯れ病やつる割れ病、べと病は
雨のはねかえりで、病気がひろがるのだとか。
株もとに病気が入らないように、雨よけするとよいそうです。
IMG_20190618_061459_convert_20190618072501.jpg

☆敷きわら
つるが伸びてきたら、わらや刈り草をしく。
まきひげがわらに巻き付いて、つるを固定します。
わらがないと、強風がふいた時、つるがすれて、
そこから病気が入ったりするらしい。

また直接、土の上に実をおいておくと、虫がかじかじするから、
わらは必須アイテム(^^)/



☆ウリハムシ対策
ウリ科によくつく ウリハムシ。
IMG_20190618_061836-01_convert_20190618072557.jpeg

葉っぱをかじって、株を弱らせてしまいます。
葉裏に卵をうみつけて、その幼虫が土の中で根をかじる。

親子で要注意人物だな(*_*;

薬剤もあるらしいけど、散布しようとすると逃げていき、
ほとぼりがさめると戻ってくるそうで
手でつぶすのがベスト。
でも、思いのほか動きが早い。

朝夕は、動きが鈍るから、その時間帯がいいですよ、というので
夕方、自分の畑でつかまえようとするのだが、
中々うまくいかない。
私の反射神経も鈍ってきているようで・・・(^^;


☆獣害対策
カラス、ハクビシン、アライグマ対策は必須!

最近、市内のスイカの産地でイノシシの害があるみたい。
これまで、スイカのおいしさをしらなかったイノシシたちだったが
たまたま食ってるイノシシを仲間がみて
「なにこれ、うまいじゃん!!」という話になったかどうか、
学習したイノシシたちの害がひろがっているそうで。

メロンのおいしさを知らせてはいけませんね。



さて、収穫まで後ひとがんばり。

楽しみです( ^)o(^ )


☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!









メロン | 07:35:55 | トラックバック(0) | コメント(0)