FC2ブログ
 
■これまでの訪問者数

■プロフィール

やさぴよ

Author:やさぴよ
 無農薬・減農薬の野菜作りに相方(旦那さん)と挑戦中です。失敗は人を賢くするもんだと、自身をなぐさめながら日々進化中!?なB型主婦です^^。
 ただいま、中山間地にて農業をはじめました。山の暮らしにどっぷりな毎日を送っています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■お役立ちグッズ2

自然薯栽培 ~芽だし・定植~
自然薯の芽が出てきましたよ!

ハウスの中で
消毒した種芋の芽だし作業をしています。

肥料袋を下に敷いた枠の中に川砂をいれ、
そこに種芋をふせこみます。

4月初旬にふせたものが
順番に芽を出してきましたよ!
IMG_20170429_122336_convert_20170429125526.jpg

平行して畑の作業
自然薯栽培用のパイプに山土をつめ
IMG_20170405_083522_convert_20170429130345.jpg

畑に掘った穴にならべていきます。

土をかぶせ、案内棒をたてたら
さらに土をもります。
IMG_20170428_141220_convert_20170429125641.jpg

IMG_20170428_151024_convert_20170429125706.jpg

芽が出た種芋をパイプの受け口のところに
おいて、さらに土をかぶせ・・・
(この時、案内棒が役に立つ!)
IMG_20170429_094302_convert_20170429125728.jpg
無事、パイプの中に芋が伸びてくれますように( ˘人˘)


師匠の教え
根を大事にすること、乾燥させないよう作業を段取り良く!

一つ一つの作業を手をぬかないのが
成功の秘訣なんでしょうね(^^)/


☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!







自然薯 | 12:39:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
米・苗つくり ~緑化期~
苗床に種もみをまいて、
本州太陽シートをかけて約1週間、

その間、ハウスも閉めっぱなしで
ほかりっぱなしでいいと教えてもらった。

とはいうものの気になって、何度もシートのすそをめくって
チラ見するのは初心者だから、いや小心者だからかな(^^;

そして、ついに太陽シートをめくる日がきましたよ!

芽がでそろってきました(^^)/
IMG_20170420_094805_convert_20170421162845.jpg

IMG_20170420_094724_convert_20170421162927.jpg


さて、今度は温度管理が大変です。

ハウス内の温度を25℃以上にしないように
お日様がでるとハウスを開けにいって、
まだまだ朝晩冷え込むので
夕方には、保温用のシートをかけてやり・・・


いやはや、手のかかる赤ん坊といった感じです(^^;


☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!




米作り | 16:31:49 | トラックバック(0) | コメント(2)
米・苗つくり ~塩水選~種まき~
お米の苗作りにチャレンジしています!

集落の寄合で

「もち米を作っていた田んぼ
今年は作らんけど、どうだね、やってみんか?」
と言われ

「はい、やります!!」といつものように食いつく私(^^;

「種もみあるよ」

「は、はい」

そんな感じで
苗づくりの挑戦がはじまりました。


まずは、
田植えの日(この地域は5月上旬)から逆算して準備をすすめます。

☆種もみの塩水選  3月下旬
 もち米の場合は比重1.08(うるち米1.13)の塩水にいれ
ういた種もみを除きます。 
IMG_20170324_135048_convert_20170409200530.jpg

IMG_20170324_141515_convert_20170409200558.jpg

☆種もみの消毒
 希釈した消毒液につける方法と
直接、原液をまぶしつける方法があります。
 今回は、網にいれた種籾を希釈した消毒液に24時間つけました。
 
☆種もみの浸種
 7~10日ほど水につけます。
 積算水温100℃がめやす。
 (平均水温10℃だと10日、11~13℃で7~9日)
IMG_20170402_124956_convert_20170409200624.jpg

 温度の安定している玄関先に、
 ペール缶をおいて浸種中   玄関せまい・・・(^^;
 酸素補給のため、一日一回、網を持ち上げてやります。
 3日ごとに水をいれかえます。

☆育苗箱の消毒・土つめ
 この間に、育苗箱を消毒し
 土をつめておきます。
IMG_20170403_102703_convert_20170409201708.jpg

IMG_20170403_163754_convert_20170409200733.jpg

☆催芽
 30℃~32℃の温度をかけてやると、発芽します。
 約30時間
 昔は、人が入った後、風呂に入れてたとか。
 現在は、温度管理のできる育苗器という便利グッズがあるそうですが、

 我が家は、ペール缶にお湯をたして30℃にして
 昔、熱帯魚に使っていたサーモスタットとブクブクを設置して
 みました。苦肉の策・・・(^^;
IMG_20170407_173931_convert_20170409200808.jpg

IMG_20170407_173916_convert_20170409200831.jpg

 30時間後、おっ、芽がでてる~(´▽`*) ひよこみたいで、なんかかわいい
IMG_20170408_111149_convert_20170409200858.jpg

 米をにぎりしめ、先輩のもとへ
 OKいただきました。鳩胸状になればOKなのだそうです。


☆種まき
 育苗箱の床土に、たっぷり水をかけます。
 3列並べ、お借りした種まき機をコロコロころがして
 種をまいていきます。
IMG_20170409_102719_convert_20170409200929.jpg

 土を覆土して、完成!
IMG_20170409_103242_convert_20170409201011.jpg

 ハウスの中に並べて
 最新兵器!? 本州太陽シートをべたかけします。
 IMG_20170409_132903_convert_20170409201035.jpg

 芽がでてくるまでの1週間ほどこのままにしておきます。

 このシートがあれば、ハウスもしめっぱなしでも大丈夫なのだとか
 http://www.ruralnet.or.jp/gn/201504/ikubyou.htm
 この季節、天気がいいとハウス内は50℃近くなったりするけど、ほんとに!?
 
 心配はつきません・・・・



☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!
 

 







米作り | 20:45:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
自然薯 栽培 ~種芋・畑の準備~
4月になりました!

春になるととたんに農作業がいそがしくなってきますね。

まずは、今年2年目の自然薯栽培です。


自然薯の種芋を準備します。

種芋は2種類の方法で作ります。

①昨年、自然薯のつるにできた“むかご”を
播種して種芋を作る方法です。

1年目 むかごを播種して種芋を栽培。
2年目 その種芋を使って栽培します。

3月末 昨年から栽培していた種芋をほりおこします。
波板トタンを斜めにうめて、その上にむかごをまいてあったので
波板トタンを慎重に持ち上げると、、
IMG_20170320_165811_convert_20170402203701.jpg

小さな自然薯!
これが種芋になります。
IMG_20170320_165823_convert_20170402203750.jpg


②もう一つの方法は
昨年、収穫した自然薯を
50gくらいにカットして、芽だしして使います。
IMG_20170321_131254_convert_20170402203851.jpg



今日は、それらを
消毒液につけた後、涼しい所で乾燥させました。
IMG_20170402_145924_convert_20170402204044.jpg

IMG_20170402_145920_convert_20170402204019.jpg

次は、芽だし作業へと進みます。


並行して、畑の準備。

畑をおこした後、

トレンチャーという機械で
穴をほります!
IMG_20170402_090500_convert_20170402203941.jpg
カブトムシみたいですね(^^♪
農協の自然薯部会からお借りしました。

IMG_20170402_090327_convert_20170402203921.jpg


その合間に、自然薯栽培用のパイプを
洗って・・・・


冬場、たいだな生活を送ったつけが・・・・

腰が・・・・

ひざが・・・・


また、シーズンがはじまりました(^^)/


☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!




自然薯 | 20:47:48 | トラックバック(0) | コメント(0)