FC2ブログ
 
■これまでの訪問者数

■プロフィール

やさぴよ

Author:やさぴよ
 無農薬・減農薬の野菜作りに相方(旦那さん)と挑戦中です。失敗は人を賢くするもんだと、自身をなぐさめながら日々進化中!?なB型主婦です^^。
 ただいま、中山間地にて農業をはじめました。山の暮らしにどっぷりな毎日を送っています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■お役立ちグッズ2

自然農法の里 阿南農場 見学
週末、長野県にある『自然農法の里 阿南農場』に行ってきましたよ~!!


地元で参加していた有機栽培セミナーの最終回は、
講師でみえていた先生の勤める農場へのプチ研修旅行!!
IMG_2920_convert_20151116154128.jpg


農場では、農業祭が開催されていて
野菜の販売や、五平餅、手打ちそば、手作りピザなどもあり、
にぎわっていました。
IMG_2930_convert_20151116154235.jpg


もちろん、農場も見学させてもらいましたよ!
IMG_2918_convert_20151116154156.jpg

IMG_2917_convert_20151116154256.jpg

この農場は、オープンして30年。
当時は、農薬や化学肥料を使った農法が主流の時代に
環境や健康を考え、持続可能な農業をめざして取り組んできたとのこと。
時代に流されず、日々研究を重ねられてる姿勢に感動です!!


今でこそ、有機農業の関心は徐々に高まってきているようだし、
国も平成18年に「有機農業推進法」※を制定し、
これを受けて各自治体も推進する動きを見せているようですが。


※有機農業の定義
国が定めた「有機農業推進法」では、
有機農業を「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと
並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、
農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した
農業生産の方法を用いて行われる農業」であるとし、
有機農産物規格(有機JAS規格)に定める有機農産物の
生産方式に比べて広い概念で定義されています。


今回、少しでもノウハウを教えてもらおうと
先生に色々お聞きしました!

昔は、土づくりに牛糞堆肥をいれていたそうですが、
ここ数年前より緑肥のみに切り替えているそうです。

緑肥は、収穫後、麦(緑肥用)をまいて
背丈以上になったら刈り取って
畑にすき込むのだとか。

肥料もぼかしなどの有機肥料を少し。
いれすぎはよくないようです。

そういえば読んだ本にもチッソ分が多いと、害虫がよってくるとありました。


雨除けハウスの隅にあったミニトマトを
食べてみて、と言われ
食べてみたら、「おいし~、」
ほんとに甘くて味がこくて、無茶苦茶おいしかった!!
IMG_2928_convert_20151116154215.jpg

植えてから追肥もなしだそうです。
根ををしっかり張るようにしていることと、
この農場のある土地は、
大昔海だったところが隆起してだきているため
もともとミネラル分が豊富な土地で
おいしい野菜ができるとのこと。

種を自家採取して、
この風土にあった種をのこしていること
と教えていただきました!!


こんなおいしいトマト、作ってみた~い!!

☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!


自然農法 | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
久しぶりのコメントです。

有機で育てるってワクワクしますね。

農業あまり知らなくて教えてください。
畑にすき込むというのは、これからの寒さ対策ですか?
それと、ぼかしの有機肥料ってどんなものですか?

よろしくお願いします。
2015-11-17 火 06:35:57 | URL | ヨッシー [編集]
>よっし~さん

お久しぶりです!

質問ありがとうございます。
あまりに何気なく使っていて
意味なんて深く考えたことなかった・・・(^^;)。

まず、緑肥を畑にすき込む理由。

野菜を育てるのにかかせないのが土づくり。
しっかりと根をはらせ、土中の養分を吸収しやすい
環境を作る必要があります。

いい土は微生物が豊富にある土。
微生物が有機物を養分にかえてくれます。
人間でいうと、腸内環境をよくするために
ヨーグルトや発酵食品や善玉菌が好きな食品を
たべて善玉菌増やすイメージかな。

そのために、緑肥をまぜこむのだとか。
あと、耕運機が畑の表層は耕してくれるけど、
機械の重さで、下の土が固くなってしまうらしい。
それを少しでもフカフカの土にするために
すき込むと農場の方はおっしゃってました。


それから、ぼかし肥。
化学肥料は野菜の生長に必要なN,P,Kが
バランスよく配合されていて、すぐに
吸収されてますが、
有機物(米ぬかや油粕などなど)を発酵させてつくる ぼかし肥は
ゆっくりときくので、ぼかし と
言われているようです。

ぼかし肥も作り方はさまざまありますが、
以前、私が作ったのは、米ぬか、油粕、畑の土少量、水
を加えて、半年ほど発酵させて作りました。

ところで、有機物って何ぞや、、、
結構、何も知らずに言葉使ってるかも(^^;)

化学肥料に対し、生物由来のものを使った肥料を
有機肥料といっているから、
単純に生物由来のものを有機物といってる
と思われますが、、、

化学用語的には、有機化合物(有機物)は
炭素を含む化合物の総称のようですね~。

また調べたら報告しますね!!

2015-11-17 火 22:14:34 | URL | やさぴよ [編集]
すごく分かり易くてありがとうございます。
やはり奥が深いですねー。
いろんな事が理にかなってるんですね。
2015-11-18 水 23:38:29 | URL | ヨッシー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する