FC2ブログ
 
■これまでの訪問者数

■プロフィール

やさぴよ

Author:やさぴよ
 無農薬・減農薬の野菜作りに相方(旦那さん)と挑戦中です。失敗は人を賢くするもんだと、自身をなぐさめながら日々進化中!?なB型主婦です^^。
 ただいま、中山間地にて農業をはじめました。山の暮らしにどっぷりな毎日を送っています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■お役立ちグッズ2

どんと焼き
週末は、お世話になる中山間地の“どんと焼き”に
参加しましたよ~!!


どんと焼きは、左義長と呼ばれたり呼び名は
地域によってさまざまあるようです。

このあたりでは、旧正月のこの時期に
行うのだそう。

昼から、どんと焼き作りに参加させてもらいました。

中央に大きな竹をたて
その周りに竹や枝を組んでいきます。
周りには、乾燥させた萱をまいていきます。
IMG_3066_convert_20160209233929.jpg

IMG_3071_convert_20160209233948.jpg


夕方6時点火!!
IMG_3075_convert_20160209234010.jpg

火の中にお正月に使った門松やしめ縄、書初めをくべます。
IMG_3079_convert_20160209234241.jpg

乾燥しているせいか、一気にもえあがります。

竹のはぜる音が山にこだまして、まるで打ち上げ花火のような音!


それにしても、火をみてると、な~んか落ち着くな(^^)

おき火になったら、竹にさしたもちを焼いて食べ
無病息災をお祈りします。
IMG_3091_convert_20160209234257.jpg


ちなみに、中央にさした大きな竹が
恵方(今年は南南東)にたおれるとよいのだとか、
ていうか、毎年、無理無理、恵方のほうへ倒しているそうです(^^;)
今年もいいことあるね(^^)

このあたりのどんと焼きは、昔は集落ごとに行われていたそうですが
今も続いているのはこの集落だけだそうです。
伝統を守り継ぐのは、大変なことですね。


☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!



よもやま話 | 23:48:24 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
盛大な炎を見ると伝統的な村祭りという感じですね。
左義長ってなんてよむんですか?
2016-02-13 土 06:34:03 | URL | よっし~ [編集]
盛大などんと焼きですね。私も年初に大神神社(桜井市)と行馬(生駒)神社のどんと焼きを見物しました。この歳になって,昔から続くお祭りとか風習に興味を持つようになってきてます。

伝統を継承する唯一の集落。格好いいじゃないですか。写真からも当日の様子が伝わってくるようです。
2016-02-13 土 20:45:24 | URL | 豊中の同級生 [編集]
>よっし~さん

おひさしぶりです!

「左義長」は「さぎちょう」と読みます。

「さぎっちょ」と呼ぶ人もいるようです。
色々呼び方あっておもしろいですね(^^)
2016-02-14 日 16:13:37 | URL | やさぴよ [編集]
>豊中の同級生さん

私も昔からの風習やお祭り、
興味持つようになりました!

恵方巻に、バレンタインのチョコレート
日本全国どこでも味わえるようになりましたが

ここにしかないものって、大切にしたいな、って
思います!

年のせいかな・・・(^^;)
2016-02-14 日 16:16:30 | URL | やさぴよ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する