FC2ブログ
 
■これまでの訪問者数

■プロフィール

やさぴよ

Author:やさぴよ
 無農薬・減農薬の野菜作りに相方(旦那さん)と挑戦中です。失敗は人を賢くするもんだと、自身をなぐさめながら日々進化中!?なB型主婦です^^。
 ただいま、中山間地にて農業をはじめました。山の暮らしにどっぷりな毎日を送っています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■お役立ちグッズ2

自家製 もみ殻燻炭
稲刈りが終わると

もみ米を乾燥機に入れ乾燥して、

次に、もみすり機でもみ殻をとって
やっと米(玄米)になります。

兼業農家の娘だったというものの
稲刈り後は農協さんにおまかせだったから
この作業は初体験!!

もみすりした後、大量のもみ殻が発生するのも
しらんかった~。

お米の分、もみ殻もあるわけですね(^^;


そんなわけで、もみ殻を利用して
もみ殻燻炭を作ってみましたよー!!


さっそく調査開始。
煙突はホームセンターでも買えるようですが
知人から板金をまいてやっとるよ、と教えてもらい
こちらを採用!

1.板金を針金でまいて筒状に。
 燃料を入れる下側を少し広めに。

2.新聞紙、わら、木っ端、薪などの燃料を
 煙突下側にいれて、着火

3.もみ殻をかぶせていく。
IMG_20160930_134504_convert_20161003120444.jpg

4.しばらくするとふちが燃えて黒くなってくるので
 まぜかえす、を繰り返す
IMG_20160930_140304_convert_20161003120505.jpg

5.いい感じに(もみ殻くん炭ぽく)なったら
 広げて、水をかけて沈火。
  ほっておくと、完全に炭になってしまうそうなので。
  IMG_20161001_105459_convert_20161003120523.jpg

IMG_20161001_110037_convert_20161003120540.jpg

6.熱があるうちは、自然発火することもあるとかで、
 完全にさめてから袋にいれ保存。

☆彡少量なら、この板金煙突でも問題なくできました。
☆彡☆彡芋をほおりこんどくと、焼き芋もできるらしい。今度やってみます。

もみ殻燻炭は、畑の土壌改良剤として使用します。



ところで、

先日、指先を怪我してしまい、
包帯ぐるぐるまきに。。。。

周りのみなさんに心配かけるやら、迷惑かけるやら

とほほほほ・・・・(T_T)


そんなわけで、土もいじれず、水もさわれず、
家でゴロゴロしています。


作業には、怪我しないように細心の注意が必要ですね。
深く反省の週末です。


☆ブログランキングに参加しています☆
おもしろいと思われたらポチっと
拍手お願いします!!










  


米作り | 12:12:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する